輸入の注意点

Drugs

日本でピルを使うのが一般的でないのは、アフターピルも低用量ピルも入手が難しいということが背景にあります。
産婦人科でピルが処方してもらえると述べましたが、実際に避妊のために産婦人科を訪れるのは勇気がいることです。海外ではピルが市販されているので気楽に使えるのですが、日本ではなかなか手にする機会に恵まれません。
ただ、海外の市販薬を通販で購入する方法なら、病院に行かずに薬を手に入れることができるので、利用のハードルはかなり低くなるといえるでしょう。
海外の薬を購入するというと難しそうに感じられるかもしれませんが、ネット上の個人輸入代行サービスを利用すれば簡単に購入ができますので、試しに購入してみましょう。
特にアイピルなどのアフターピルに関しては明確なタイムリミットがあり、避妊に失敗してから産婦人科を探し始めても間に合わない可能性があるので、事前に購入しておくことが必要です。

海外の薬を購入する際は、個人輸入を行うという扱いになります。
個人輸入代行サービスを利用すれば手間もかからないので便利なのですが、薬事法によって購入に制限が出てくることを覚えておきましょう。
日本の薬事法では、海外の市販薬を個人で使うために輸入することは許されていますが、自分以外の人の分を輸入することや、輸入薬を転売することは禁止されています。
この事から、個人輸入で購入できる量には制限があり、まとめ買いができなくなっています。海外から輸入する場合は通常の通販よりも商品到着が遅くなるので、薬の購入はこまめに、早めにを心がけましょう。
さらに、注文時の名前や送付先にも注意が必要です。アフターピルを男性名義で購入した場合や、商品の送付先を会社などにしていた場合は、その輸入薬が個人利用のためのものではないとみなされ、税関で止められてしまう可能性があります。
確実に薬を手に入れるためにも、細かいところまで気を使いながら輸入を行いましょう。
ただ、逆を言えばここにさえ気を付ければ簡単に購入ができるということなので、有効に活用すれば効果的な避妊が行えるでしょう。