自分の身を守るために

Medicines

トリキュラーなどに代表される低用量ピルも、アイピルなどのアフターピルも、正しく使用しなければ避妊の効果を発揮しません。
効果的な避妊を行うためにも、二つのピルについての特性と正しい利用方法を知っておきましょう。
低用量ピルは事前に飲むタイプのピルで、毎日連続で服用することによって効果を発揮します。避妊率が非常に高く、海外では頻繁に利用されています。
気を付けなければならないのは、低用量ピルは服用を忘れてしまったら効果を発揮しなくなるということです。一日でも服用を忘れてしまうと、とたんに効果を発揮しなくなるので、必ず毎日服用を行いましょう。

対して、アフターピルは行為後に服用することによって妊娠を防ぐことができます。
避妊に失敗したタイミングで一度だけ(薬によっては2回)服用することで、高確率で避妊を行ってくれます。
ただ、アフターピルは受精卵が着床してしまうとどうしようもないので、避妊にはタイムリミットがあると思っておきましょう。
具体的に言うと、ほとんどのアフターピルが72時間以内に服用する必要があります。さらに72時間以内ならいつでもいいというわけではなくて、時間が経過するにつれて避妊の成功率がどんどん落ちていきます。
避妊に失敗してから購入したり、産婦人科に行くようでは間に合わなくなる可能性が高いので、通販などで事前に購入しておく方がいいでしょう。

これらの避妊薬に関しては、すべて女性が経口摂取するものなので、女性が主体になって行える避妊方法です。
性行為の際にコンドームを着用することによって快感が減少すると考えている男性が多く、中には自分の快楽のためにコンドームの着用を拒否するような男性もいます。
そういった状況でも避妊が行えるのがピルの最大のメリットでもあるので、すべての女性が持っておいて損はないといえるでしょう。